キャラクター

ダウィン
年齢:22歳 武器:長剣 CV:中村悠一
オルニアという国の傭兵団に所属する、心優しい青年。幼い頃両親と死に別れ、周囲の人たち、特に特にオーランド、マリーに助けられながら生きてきた。
誰かを守れる人間になろうと、傭兵に志願するが、戦場で多くの人を殺めることになるなど、理想と現実の違いに悩み、苦しんでいる。
剣は我流だが、無意識に本来の実力を抑えてしまっている。

オーランド
年齢:26歳 武器:湾刀(二刀流) CV:杉田智和
オルニアの傭兵団で副団長を務めるほどの実力を持つ青年。異母兄妹のマリーはもちろん、実の弟のようなダウィンのことも大切にしている。
今回の再封印の儀式で《柱》の選定者となるはずだったが、ダウィンをとっさにかばって代わりに最初の《柱》となる。

マリー
年齢:21歳 武器:ロッド CV:戸松遥
アカデミーで魔法学を専攻する学生。ダウィンとは幼なじみで、オーランドとは異母兄妹。
傭兵になってから笑わなくなったダウィンのことを心配している。
最初の儀式でオーランドを手にかけたことを、何も話してくれないダウィンに怒りと悲しみを感じている。

アラキ
年齢:30歳 武器:太刀 CV:安元洋貴
胸のうちに常に満たされない「渇き」を抱く孤高の剣客。 幾多の敵を倒し、戦場をめぐり、強くなればなるほど、「渇き」も強くなり、自分を満たす相手を求め、放浪している。
オーランドとは戦場で戦ったことがあるが、決着をつけられなかった。
自分が認めた相手以外は名前を覚えない。

コナー
年齢:13歳 武器:ボウガン CV:沢城みゆき
裕福な家庭で育ち、素行もよく成績も優秀な少年。両親は民と誠実に向きあう貴族で、息子に惜しみない愛情を注いで育てている。
かつて、オーランドとダウィンの部隊に、護衛されたことがある。
突然つきつけられた《柱》、命を捧げるという現実に怯え、死にたくないと願うが……。

リーファ
年齢:25歳 武器:格闘術 CV:朴路美
名の知れた拳術流派の娘で、封火という武装組織に所属する女拳士。組織内にファンが大勢いるらしい。
任務で出向いた戦場で、同じ陣営のオーランドと出会うが、お互いが味方と気付かず、彼と戦ってしまったことがある。
面倒見がいい姉御肌だが、恋愛面では意外と押しに弱い。

バックス
年齢:? 武器:? CV:秋元羊介
自らを神の使者を称する、再封印の儀式の案内人のような存在。
神の言葉をダウィンたちに伝え、儀式が円滑に行われるように管理する。

レシカ
年齢:? 武器:? CV:茅原実里
再封印の儀式に選ばれた《柱》や選定者のサポートを担う。 数えきれないほどの儀式に立ち会い、悲劇を見続けてきた。
予定外であり、今までにない不安定な選定者ダウィンに興味を持つようになる。





<ケイオスリングスIIトップへ戻る